友達止まりの出会い

虫刺されから副業まで、生活の中で役立つ方法をお伝えしていきます。

  派遣社員が情報発信のナビゲーター   topページ > スポンサー広告> 休憩時間 > 休憩時間きちんと取れてますか  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休憩時間きちんと取れてますか

2011 - 12/07 [Wed] - 00:00

休憩時間きちんととれてますか?


前回お話した残業代の算定方法同様に休憩時間についてもきちんと


法律で決められています。労働時間が6時間を超える場合は少なくとも45分

8時間を越える場合は少なくとも1時間休憩時間を与えなくてはならないと

あります。この規定は会社の規模の大小に関係なく適用されます。

また少なくともとありますので多い分には一向に構いません。


労働基準法で決められている法はあくまでも最低守らなくてはならない基準ですので

有給休暇の付与日数であったり休憩時間であったり多い分には構わないということに

なります。

 会社によっては勤務時間を7時間50分に設置しているところがありますよね?

皆さんのお勤め先ではどうですか?7時間50分が勤務時間であれば与えなければならない休憩時間は

45分で済みます。ですので7時間50分拘束して7時間5分働かせることが出来ます。

一方、勤務時間が8時間になれば休憩時間は1時間あたえなければならないので

労働時間は7時間になります。ですので7時間50分の勤務時間のほうが効率よく労働力を

得る事が出来るという考え方ができるのです。あくまでも経営側の目線であり、

法律を理解しきちんと守っていることが前提となりますが。また休憩時間とは完全に業務から

離脱している状態を意味しますので事務所で電話番をしながら昼食を取るというのは厳密には

休憩時間に値しません。

 パートー、アルバイト、派遣社員など雇用形態の名称に関係なく一律で労働基準法の労働者に

あたりますので当然この休憩の規定は適用されます。

1日5分10分の休憩時間くらい削られてもしょうがないなどど諦めてはいけません。

1月に換算すれば数時間の労働時間を提供していることになるのですから。仮に1日10分だとしても

1月に22日だとして220分です。3時間強になるわけです。3時間といえばお給料が3000円近く変わっても

おかしくありませんよね?

 知らないと損です。法律が全てでは無いかもしれませんが体を壊しても会社はそこまで

面倒はみてくれません。自分の体は自分で守らなければならないのです。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://gennnan.blog.fc2.com/tb.php/16-b2b3daa7

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。